コロナ禍での身辺警護

最終更新: 1月13日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発せられました。

今や誰が感染してもおかしくはない状況になってきております。

しかし、そのような中でも警護を必要とされている方はいらっしゃいます。


恨みを抱いてる人物やストーカーは緊急事態宣言だからといって自粛はしてくれません。

ターゲットになっている方がテレワークをされる場合は、通勤による移動が少なくなるために居場所が特定されやすくなり、狙う方としては狙いやすくなります。

従って、弊社ではコロナ禍でも関係なく身辺警護、私邸警護、移送警護などの業務は今まで通り行っております。


但し、コロナ前と大きく異なることは、感染予防対策をしっかりしていることです。

①手指消毒の徹底(消毒液を小ボトルに携帯し、こまめな消毒を心がけております)

②車両内消毒(車両の使用前、使用後にしっかり消毒を行い、走行中は換気をしっかりしております)

③警護員のマスク着用

④業務前、業務後の体温測定

など、できることはしっかり行って、危険だけでなく、ウイルスからも人を守るという気持ちで警護業務を行っております。


皆様も、油断されることなくこのコロナ禍を乗り越えていきましょう!!




18回の閲覧0件のコメント