治療につなぐ

最近、精神疾患やアルコール依存症の方のご相談の中で、「入院治療ができる病院を

紹介してほしい」というご相談が多くなっております。


このようなご相談の多くは、既に様々な機関にご相談はされているものの、入院治療

を受ける必要性が無いと判断されているケースです。

例えば、被害妄想や幻聴により、ご家族には様々な暴言や暴力などがあったとしても、

第三者の前では受け答えも普通で、生活も一人でできているような場合などは入院治療は

到底無理です。


そうは言ってもご家族にしてみれば、日々様々な事象に悩まされているわけですから

「なんとかならないか」 と言われるのもよくわかります。


非常に難しく、またデリケートな問題ですよね。

しかし、必ず解決の糸口はあるはずです。


弊社ではこのようなケースにもご家族と一緒にその糸口をみつけることを心がけ、

光のあたらないところに光を届ける、そんな想いで日々取り組んでおります!










36回の閲覧