万が一のための身辺警護

最終更新: 11月19日

最近、SNSで誹謗中傷され、その内容に不安を覚えて身辺警護を依頼される方が増えています。

その中には、ご自身だけではなく奥様やお子様など、ご家族の身辺警護を依頼されるケースも一定の割合でいらっしゃいます。


また、自社の女子社員に対するストーカーに対し、会社側が警備会社に手配してその女子社員に身辺警護をつけるケースもあります。


身の危険を感じる場合などは、事が起こる前の対応策の一つとして、先ずは身辺警護により安全を確保し、並行して警察、弁護士などと相談しながら解決策を講じていく、弊社ではそのようなお手伝いもしております。


何か危険や不安を感じた時、“万が一のための身辺警護”という言葉を思い出してみてくださいね。










メールでのお問い合せ


16回の閲覧